>

星占いや西星術の占い方

星座占いの基本・占い方

位置や季節によって場所を変える星座は自分の性格や、他の星座との相性が分かります。ベースになる惑星は月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星です。
月は元々の性格、水星はコミュニケーション能力と知性、金星は恋愛と芸術などを表しています。太陽はチャレンジ精神や社会性の部分、火星は自分をどう表現するかの表現力、木星は効率的に動けるか?といったロジカルな部分、土星は秩序とルールを表しています。
天王星や海王星、冥王星に関しては位置によって大きく意味が異なります。自分で占う場合はこれらの知識を覚えている必要がありますが、それぞれが深い関係性を持っているので本格的な占いをしたい方におすすめです。

西星術って何?占い方はどうするの?

占いについて勉強していると西星術という言葉を聞く事がありますが、一体どんな占いなのでしょうか?この方法はホロスコープと言って、星座占いに加えて天体の動きを精密に分析した占い方法です。この占いは単に星座や天体の動きだけでは無く、生まれた時間や場所から様々な事を読み解けます。
占い師によって独自の解釈をしていたり、様々な要素を加えたりしているので難易度がとても高いです。しかしホロスコープは占いにとって基本なので、興味のある方は勉強してみるのも良いです。
ちなみにタロット占いは起源や作られた理由が不明と言われていますが、星の位置をベースにして作られているのでホロスコープが関係している可能性もあるかもしれません。


この記事をシェアする