星占いに隠された魅力!どうして月別の星座が存在するのか

星占いが丸分かり!星座の意味と占い方

占いはいつ生まれたの?

誕生日に合わせて星座が決まっていますが、なぜ12つあるのでしょうか?またこれらの星座はどの様にして決められたのか?あるいはどうやってみれば良いのかを公開しています。 理由や仕組みをすれば星占いをより楽しめますし、占い師を目指している方は知っておいて欲しい知識です。

星占いや西星術の占い方

意味を理解したらさっそく占いをやってみましょう。とは言っても単に占ってもらう、またはサイトを見たりするだけでは無く自分で占いをしてみませんか? 星座が深く関係している占いと言えば西星術ですが、どんな風に占えば良いのでしょうか?ポピュラーな方法をお教えします。

東西南北占いの種類を知ろう

星座や西星術にスポットを当てて紹介していますが、東西南北の占いを知ればより楽しく占いを利用出来ます。 日本に伝わる占いはもちろんですがアジアを含む海外で人気の高い占いに着目して紹介していますので、占いの話をしている時のちょっとした小ネタとしても使えます。

なぜ星座は12つあるの?その意味は?

血液型占い・タロット占いに動物占いなど様々な占いがありますが、一体いつからあるのでしょうか?日本では大昔から政治に関わっていた占いですが、発祥の地はギリシャやローマ、バビロニアと言われています。正確な年代は分からないと言われていますが、古くから占いは愛されていて人類は占いと一緒に歩んできたとも言えます。
古代で使われていた占いは星占いの一種だったり、生贄を使い臓器の色や形、骨を見て未来を占ったりしていました。次第に生贄では無く骨を使う事が多くなりト占と呼ばれる様になりました。自分の性格や未来だけでは無く果ては占いで政治を決めたり、結婚相手を決めたり今では考えらない様な大切な事まで占いで決めた時代もありました。過去の偉人も占いを頼りにしていたようですから、ほとんどの方が占いに絶大な信頼をよせていた事が分かります。
但し17世紀に入ってから世界的に科学革命がおこり、それまでは占いは学問として研究されていましたがオカルトめいた印象がついてしまい、過去の産物として衰退していきました。
しかしここまで愛されてきた占いはすっかり消えてしまうのでは無く、心のよりどころとして新たな役割を持ち今日に至ります。ちなみに占いと言えばタロット占いが有名ですが実ははっきりとした起源はわかっていません。存在自体が不思議で興味を引く占いですが、今回は星座占いに着目して深く掘り下げていきたいと思います。仕組みや占い方を知ればより楽しく占いが出来ます。